2024年06月12日

ミュージカル『この世界の片隅に』感想その3

ミュージカル『この世界の片隅に』
日生劇場
2024年5月下旬観劇


感想その3(ラスト)

■二幕にて
周作さんとリン、浮気じゃなく結婚前の元カノだったー!!よかった信じてた!!
浮気の証拠?の帳面が同じものだから最近の話かと思ったけど…そうそうノート使い切らないか?
でもノート仕事に使ってる大事なものなのよね?
とりあえず持っておくくらいなもの?(警察手帳みたいな…)
ノートの使用頻度がわからないよ…

でもいいおつきあいだったようだし、リンさんの言い方もそういえば過去っぽかった
落ち着いて私

ただ気の良い近所のひとも、周作さんが遊女と結婚しなくてよかったーみたくは言うんだよね…

■周作さんが結婚前に、『リンがお嫁に来たときに』と買っていた茶碗を、これは彼女のものだから、と経緯は言わずに渡しに行くすずがすごい
なかなかできることじゃないし、お花見のときも周作がリンと顔を合わせたことに何も言わず

幼馴染にだけ怒りをこぼしたくらいか
でもこのもやもやと怒りで、流されるように結婚したけど周作さんに惹かれていると実感もできてるんですよね

周作さん本人はすずとリンの交流どう思ってるのかな
彼からしても終わった話だからそんな気まずくもないのかな?

周作とリン、桜の下で見つめあってお辞儀だけしてすれ違う
いいねー
とても美しかった

■リンとすずの会話で
すず「子供できてなかった…(´・ω・`)」
リン「子供ほしいの?」
すず「そりゃ…子供産まないと 義務だし」
リン「お産で死ぬ人もいるよ?」
すず「男の人は命をかけて戦いに行く。私も命かけて跡継ぎの男の子産まないと」

リン「産んでも男じゃないかもよ?」
すず「跡継ぎの男の子産むまで産み続けないと」

リン「男の子でもできが良くないかもよ?」
すず「なら予備に何人か産まないと」

みたいな女子トーク
なかなかヘビーな(;´∀`)
予備っていった!よび!!

しかもそのあと
リン「でも子供いたらきっと楽しいよね
いらなかったら売れるし
売るなら女の子のほうが高く売れる」
みたいに続いたので、リンは孤児とか貧しい家で、女郎屋に売られたんだろうな…と察し

どんな環境でもすずにもらった着物を大事に持ってたの、せつない
すずのおばあちゃんはリンが座敷わらしじゃないの知っていて親切にしてくれたんだね
もしかしてお兄ちゃんも?と思うとそんな『鬼イチャン』じゃなさそうですね
出てこないけど鬼イチャンかっこいいイメージある(若いころの山本太郎さんみたいな)


■すずのお兄ちゃんの戦死
遺骨がなくて石送ってくるとかそんなことあるの?!
現地の石ってこと?!
嘘でもいいから髪とかのがいいのではと思ったけど兵隊さん短髪だよね
こぶし大の石を「…これお兄ちゃんの脳みそ?」て言ったり戦死を信じられずなんか家族で笑っちゃう感じ、リアルかも
『鬼イチャン』近所のごろつきで伝説の人っぽいからほんとに現地のどこかでたくましく生きてるかも、って思わせてくれる


■空襲シーン怖い
火の雨…
焼夷弾だけじゃなく時限爆弾も落としてたの?!


■一度に失った大事なもの2つ
は利き腕と、手をつないでいたはるみちゃんだったんだね

はるみちゃん…突然の死つらすぎる
ねだられてほんの少しの寄り道をしなければ
左手側で手をつないでたら

■いやしだったはるみちゃんもすみちゃんも…

そしてすずの妹のすみちゃん…
両親を一度に失って(お母さんは行方不明??)
あのにぎやかだった家にひとり
そして自分も体調を崩していって、ってどれほど恐怖かと思う
でもこの時点ではよくなるって思っているけど、みているほうは原爆症なのがわかってしまって、もう…

リンの側付きみたいな(大きくなったら遊女にさせられる?)子も亡くなったと知らされ
なんで?!肺炎て?!そんな急に?!
栄養状態が悪いからかな…

■すずは体調の悪い妹すみちゃんに見せるため左手で絵を描き始めます
左手の絵うますぎない?
あれはもっと下手な方がいいと思うの
『鬼イチャン冒険記』とか字までうまいし


■幼馴染哲くんとリンさんの生死
哲くん助かったの?え?
助かったよね?!
船は沈んだ?けど無事に帰ってきたんだよね

リンははっきりと語られなかったけど、やっぱり亡くなったのかな…

■けい子さんと和解?からのリンちゃんとの別れ、泣きすぎて辛かったです
このへんからずっと涙止まらず
ラストシーンも悲しいけど未来を感じさせてくれてすごくいい

客席もものすごい泣いてました
千秋楽近かったからリピーターも多かったと思うのですが

私の横の人カーテンコールのときもう全然違う話題連れの人としててビビったけど
切り替えはやすぎるって! ※ていうかカテコ中

カテコは時代にあわせてか地味に深々お辞儀?って感じでした
ご挨拶はなし
手をつないですずと周作さんがニコニコはけてくの幸せ!

カーテンコールにはるみちゃんがいない!
そっかラストに出てくる戦災孤児のかっこうなのね
宝塚なら通し役のはるみちゃんにまた着替えるだろうけど
はるみちゃんいなくてびっくりしちゃった

カテコではみんなにこやかで現代に帰ってきたなーと思います


■テーマ曲は何度も歌われるので、すごく頭に残ります
テーマ曲すごくいい!
最後、歌というより台詞で、この世界の片隅に 「あなたがいたこと」かな?で終わるの素敵な余韻

すずと周作さんと、新しく家族になった戦災孤児の子もまわりのひとも、生き残ったひとたちものすごい幸せになってくれ…

■学生限定割とか一部あったみたいです
こういうの学校で見せるといいですよね
若い人にもすごく響くと思う

でも私行った日満員じゃないかな?リピチケ売ってたのかなー
物販寄らずふらふらと、気づいたら劇場出てたわ
帰り寄ろうと思ってたのに
そしてなぜかキャトルでお買い物してたよね

■悪人の出てこないお芝居で、演者さんそれぞれぴったりでとても良かった
周作さんの両親すずの両親、親戚の人近所の人
みんな個性あって素敵でした
再演あったらまたみたいです!

■そして書き忘れてたけど
結婚した日、傘を新郎に渡して新郎が柿?をひっかけて取って渡してくれるあの初夜の風習なに?!かわいかった!

あと周作さんが急にすずに
「お前はほんとにこまいのう」
「?!」
「こまいからこまいって言ったんじゃ」
っていうシーンもすごく好きでした
(別にすずをけなしてるんじゃなくて、若く小柄な彼女に家を託して自分は出征しなければならないいろいろを考えていた周作さん)
posted by イナ at 00:34 | TrackBack(0) | そのた・舞台観劇レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月10日

ミュージカル『この世界の片隅に』感想その2

ミュージカル『この世界の片隅に』
日生劇場
2024年5月下旬観劇


感想その2

imagerw431.jpg


↑写真は帝劇のポスター
楽しみで写真とってました
日常感あって素敵なポスターです

■祝言シーン
ドリフの大爆笑の歌?!
この歌何回も出てきて歌詞違いで面白かった

ドドドリフの大爆笑~

とんとんとんからりっと隣組~
て歌ってたのかな?
奥さん3人組が愉快に歌ってくれます

あそこの嫁ハゲができたのよ!ってハゲさえ知られてしまうのは煩わしいけど、支え支えられ助け助けられのご近所つながり

歌詞が軽妙で楽しい
もっと聴きたい!

隣組奥さんのひとりの、広島にいた息子さんの死のシーンで、そうだよねコミカルだけどこの人たちも誰かやなにかを失ってるんだ
と改めて

■径子(けいこ)(周作の姉・小姑) 音月 桂さん
いるよねチャキチャキしてキツくみえちゃうけど別に悪い人ではない人(笑)
ツンデレ小姑という新たなジャンルですずを翻弄する小悪魔モガママ

あんたにもんぺ縫ってやったけど!ありあわせので悪かったわね?!
とか
あんたひとりくらい面倒みたっていいけど?!少しは気も紛れるしね!?

とかかわいすぎちゃう
ツンデレが過ぎる~これが萌?!!

『自由恋愛』という言葉って不自由が前提だからすごいよね
ダイヤモンドの漫才で農薬野菜や不自然ローソンていうのあったけどまさにその感じ
不自然ローソン面白いよねあれ

さすがに花柄のUネックのぺらっとした半袖にくすんだもんぺスタイルは元男役トップスター音月桂でさえスタイリッシュにはみえない もんぺのパワーすごい

愛娘はるみちゃんに自分のおしゃれ帽子を大きくなったらかぶれるよ、とあげるシーンや、
お嫁に行くときはすずの晴れ着のおさがりじゃなくちゃんとあつらえたげるわよ!
とどやって見せたり
すごくかわいがってただけにはるみちゃんの死がつらすぎる
非戦闘員の若い人ばかり亡くなってるんだけどこの作品…

疎開があと一日はやければ!終戦があと少しはやければ!
そういうこと、たくさんあるんでしょうね…


■白木リン(遊女) 平野綾さん
平野綾さんのイメージと全然ちがってびっくり!しっとりした薄幸そうなきれいなお姉さん~
まわりが地味もんぺスタイルの中、ひとりお綺麗なおべべでお化粧もばっちり

イラストを贈ったりするすずとリンの交流をいいなーってみてたら浮気??!!!!浮気なの嘘だといってよ周作さんのばかー!てなった

しかし世間は狭いエピソードの多い作品
偶然浮気相手にあっちゃうとかある?その相手と自分も子供の頃会ってたとかある?周作さんとすずにしても幼いころ出会ってるし
広島も呉も都会イメージなんだけどな

お花見に来てるのに、もう戻らないと逃げたと思われるって軽く言うんだけど彼女の身の上を感じさせられます


■すみちゃん(すずの妹) 小向なるさん
すみちゃんかわいかった!!

女子挺身隊のエピソード、きゅんきゅんするー!!
たまに女学生に貴重な食券をこっそりくれる将校さん?!…これはみんなにじゃなくてすみちゃんにだけなの?どっちなんだろ?こっそりだからすみちゃんだけなのかな!?

それを聞いて
すず「海軍の機密を知ってしまった~////」
のきゃーってなるすずもかわいいし

甘酸っぱいです
うれしそうなすみちゃんひそかに恋心持ってるんだろうな
私の中では鯉登少尉(ゴールデンカムイ)みたいな感じのりりしい将校さん!

この会話のときしてた縫い物って
千人針?かな?

このお里帰りのシーンほんわかして妹も家族もいい~
お父さんが自然に一番風呂な感じとか、昭和でいいな


■時系列が最初わかりにくいかな?
順を追ってではないので
子供時代も挟みつつ回想、そして空襲後の現在と行き来します

■子供時代すずちゃんかわいい
どうしてそんなに怖い物知らずな子だったんだ!?
よりによって人さらいに道を聞いてしまった
大人になったらそこまで活発な子でもないよね
道はしょっちゅう迷ってるけど

■方言かわいいなー
みんな九州弁なのでとにかくかわいい!
はるみちゃんもすずの子供時代も最強かわいいし
はるみちゃんが賢しげに軍艦の名前を言うシーンとかたまらなくかわいい
ミリオタの素質ありそうなはるみちゃん

■楠木正成めし気になる
炊いたお米が増えるテクニックらしい
楠木正成さん逸話が多いすごい人
作中だと米のかさ増しはできても美味しくはなさそうでしたね…

■すずと周作さんのデート
結婚後が初デート?!
この時代映画デートとかできたんだ!?
といろいろ新鮮でした

このシーン最高!かわいい!幸せ!
ずっと映画館でいいのに

映画デートいいですねー!
お互い映画もみてるけど、隣の存在も気になってるの甘酸っぱいわー
ちゃんとした服に着替えさせて化粧もして送り出してくれた小姑けいこさんナイス
顔白いぞ体調悪いのかとか周作さんの朴念仁さもよき
すずは基本すっぴんなんだね。そりゃそうか若いし

■すずと幼馴染哲くんのお家シーン
あんか?があるからって同じ布団に足つっこんでいいのだろうか
人妻だけども

彼と結婚して広島市にいたらすずは亡くなってたかもしれない
運命はわからない…
posted by イナ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そのた・舞台観劇レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年06月03日

ミュージカル『この世界の片隅に』感想その1

ミュージカル『この世界の片隅に』
日生劇場

2024年5月下旬観劇


imagevvv29.jpg


imagevvv30.jpg

↑良大さんですよね 公式が誤字ってる(;'∀')

メディアミックスされてる有名作品ですが今舞台が初見でした
のんちゃんが声やってたよねーくらいしか知らず
まあ戦争もので広島舞台(正確にはお嫁入りしたのは軍港のある呉市)…つらそうだ…という感じ

少し前キンキが出てたのでミュージックフェア毎週録画にしてたら、『この世界の片隅に』カンパニーが!メドレーで曲も聴けて、期待してました
アンジェラ・アキさんの舞台音楽家への転身すごいなあ

■あらすじ
絵を描くのが好きな少女・すずは乞われて呉へお嫁にいくことに
年上の夫・周作は物静かで優しいが、慣れない環境に戸惑いつつの生活
1945年、戦況は悪化し呉も激しい空襲にさらされていく

■登場人物たちがそろって主題歌を歌い上げる華やかなオープニング
のあと本編始まってしばらく、拍手タイミングほぼない
主人公が空襲後、大怪我をしているところから本編がはじまります
絵を描くのが好きな少女が利き手を失い絶望しているのも会話から伝わります

■床も舞台後方もプロジェクションマッピングかな?になってて、風景やすずのイラストが動画で出てくるので楽しいし場面もわかりやすいです
その分セットは少なめでお布団や椅子など小道具中心
傾斜のある盆もあってすごく活用されてます
空襲シーンは床も後方も真っ赤に染まり、ライティングも本当に怖かった

もう戦争ものというだけでずっと物悲しさ不穏さがひそんでて、楽しいシーンも、どこかあとのことを想像しちゃうというか怖いし悲しいんだよね
この幸せ続かない…ここが一番幸せなシーンなのかなあとか構えてしまう

■すず 昆 夏美さん
かーわーいーいー!

だけじゃなく、頼りないあどけない少女から終戦までの成長もすごくて
台詞もお歌も聞きやすくとても良かった

すず、おおらかで健気ですよね
まっすぐにじっと見あげる目線や、あのにこーって顔全体で笑うみたいな笑い方、好きになるよねー
すずの家族もみんな前向きで明るくて

ポスターで着てたから基本割烹着なのかと思ったらほぼ着てなかった
もんぺはさりげに動きやすそう
ハゲ(ストレスによる十円ハゲ?)なおったのだろうか

せっかく昆ちゃんなのでばーんと声を張るお歌がききたいんだけどあまりそういうナンバーはない
二幕はあるけど


■北條周作(すずの夫) 村井良大さん
ほんとに村井さんは良い日本男児顔
超好き

声質がいいですよね
ソロだとばんときこえるけど、デュエットだとすごく女性声をひきたたせてくれる優しい声質だと思います

彼の声が苦手ってかたいないんじゃないでしょうか
お顔も好きなんですよねー
チュートの徳井さん、今井マサキさんと似てるような
村井さんに似てる!ていつも思うけどみんな人相いい笑いじわが魅力のかたたちですね

無愛想でちょっと暗くて言葉は少ないけど、大事な場面ではちゃんと言ってくれるの、ヒーローだ〜

(ONEPIECEで初期のゾロが着てるみたいな)肌着みたいなランニング?がちゃんと薄汚れてるのリアルー!
「軍服持ってきた…」に今着てるのは軍服じゃないの?!て思っちゃった
文官の服は軍服って言わないのか…

勝手に絶対彼は亡くなると思ってた…
夫がいなくなったけど、たしかに私のそばに、この世界の片隅にいたんだ、みたいな話かと思ってた…
まさかの!周作さんも幼馴染も助かったことにびっくり
周作さんのお父さんも幼馴染も後半の周作さんもがっつり死亡フラグたててたよね?
お父さん行方不明、幼馴染も戻れるかわからない戦いに軍艦で向かって、周作さんも軍事方に異動になって…
助かるんかーい、って思っちゃった
いや助かってほんとよかった


■水原哲 小林 唯さん
彼もはげしく日本男児顔ー!!
金カムにいそう
やだかっこいい
水兵さんルックより陸軍服のが似合いそうです

お兄ちゃんが亡くなったから自分が志願兵になるのは普通のことって
立派過ぎて
いやこの子ら高校生大学生くらいでしょ?!と思うと…
胸にやりきれない思いは抱えているにしろ覚悟が違う…精神年齢が違う…

人の家で、主で年上の周作さんが正座してるのに足崩して寝転がったりは、戦線に出てる軍人さんだからちょっと偉そうなの?それとも哲くんがもともとガキ大将だから?

お兄ちゃんが亡くなった海が嫌いだけど、すずの描いた海の絵は好きだったんだろうなあ
甘酸っぱいー!
鉛筆くれるシーンとても素敵
(すずが鉛筆やノートをとても大切にしているのをみると、物を大切にするという当たり前のことをきちんとしなければなあ…て感じました)
posted by イナ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | そのた・舞台観劇レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする