2021年10月16日

映画感想 『シックスセンス』 ネタばれあり

映画感想 『シックスセンス』

■テレビでやってたので久しぶりに見ました
やっぱりすごい面白い!
名作ですね…!滂沱です…

なんと20年前、1999年の作品なんだけど画面にちらつきがあってびっくり
20年前でももう駄目なの?!たまたまかな…


~あらすじ~
精神科医のマルコムは子供の心をケアする仕事をしているが自身も妻との不仲に悩んでいる
コールという少年の担当になるが、彼は周囲となじめず孤立していた
親しくなるうち、少年の秘密、「死者」が見えるのだと告白されるが…


↓以下超有名作ですがネタばれありです

■主人公マルコム先生のブルースウィリス、やっぱりイケメン!!
穏やかな話し方やがっしりした体格、ほんと頼もしい【大人】感…!
トレンチコート姿が素敵!

最初は死者が見えてるなんて少年の妄想だと思っているんだけど、徐々に彼の真実に寄り添っていくのがいいんですよね~

■天才子役として名をはせた霊感少年コールくんはハーレイ・ジョエル・オスメントさん
目と声がすごいかわいい!!
怯えて周囲をうかがう表情や、いろんな感情を隠してつぶやくように演技するところとか引き込まれます
大きくなった写真みたけど目もとはかわいいまんまでちょっととっつぁんぼうや感あるww
ハリウッド子役出身あるあるでやらかしたりしてるらしい…

■静かなホラーです
『リング』ですらアクション映画にされてしまう恐ろしい国アメリカですが『シックスセンス』はいくつか脅かし要素を入れつつも本筋はしっとりとしたホラーなのが好き

■魔除け効果はどうなのか
やっぱり神様ならお化けから守ってくれる!…ということでコールくんは教会にあるものを盗んでお守りにしてるんだよね
そして自分なりの隔離空間を作ってそこに閉じこもっている
やっぱりひとは狭いところが安心するのかしら

誰にも相談できず防衛策を考えなければならないコールくん…いたましい
でも映画の中ではマリア像様とかとくに効果は…???対悪魔ならいけるとかルールとかあるのかも

■わざわざその聖域のなかにあらわれる幽霊
ひどい!
しかも夜に
そしてものすごく脅かし演出してくる幽霊

■マルコム医師とコール少年のお出かけ
バス代も結局コールくん自分で出してるって事なのね

■お葬式してる家
このシーン初めてみたときすごいカルチャーショックでした!
日本のお葬式と違いすぎて!
華やかで賑やか

■理由はよくわからないけど娘を二人とも殺そうとしている母親
食事に薬物を入れてにこやかに配膳する母親の姿の入ったビデオテープ
おぞましい………
お化けも怖いけど人間の恐ろしさが描写されてる物語ですよね
父親に殺された少年(銃社会への警鐘もありそう)や処刑された人々とか…
絞首刑された人たちのロープの太さに絶望する…切れそうもない…

■いろいろあったクラスメイトや先生との関係がよくなるシーンは本当に見ていてほっとします

担任の先生も悪い人ではないんだよね
先生からしたらわけわかんないこと言って授業妨害する超問題児だしね

でもちゃんとこの建物がもとは何だったのかとかきちんと調べて後から言ってくれる先生なんだよね
自分にはわかりえない能力を持つ子を受け入れるって大変だろうな…

でも文化祭的な場でアーサー王まで演じちゃうのはどうなの?!
そこまでクラスでの権力を回復できる(;'∀')?

■いい歳になった今見ると
マルコム先生の奥さんお化粧したまま寝落ちばっかりしてて 肌に悪いわって思ってしまう

そしてコールのお母さんすごくいい人!!
お母さんに言えなかった秘密を打ち明けることができたシーンは涙なくして見られません

大事な登場人物の女性たち、ふたりとも幸せになってほしい…!!!

■超有名なラストシーン
知ってて見てもああああぁぁぁ!!てなります
鮮やかですよねー

マルコム奥さんのレストランでのシカトのしかたとか、ケンカ中だから無視してるとしか受け取れないもの
自分のこと見えてないなんて思いもしない…

本当に怖いです
【死者は自分が死んでるって自覚できない】っていうのが本当だったらどうしよう…(けっこうこれいろんな作品でも言いますよね、気づかず日常の行動を繰り返してるとか。死んでも通勤とかするのイヤー!)
いろいろ考えさせてくれる作品でした

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へにほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
スポンサードリンク



管理人 イダ 『妄想レポ』
ラベル:ホラー 名作
posted by イーナ at 10:00| Comment(0) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください