2015年12月10日

※ネタばれあり 舞台感想 『プリンス・オブ・ブロードウェイ』(東急シアターオーブ 2015/11/11昼 e+貸切)

■今日日本千穐楽ですね!

■ブロードウェイで数々のヒット作を生み出した巨匠・ハロルド・プリンスの足跡をたどる、みたいなミュージカルコンサート。
彼の手がけた多くの作品から曲を披露。スタンドマイクで歌うコンサート形式ではなく、ハイライトシーン抜粋みたいな感じかも。

■宝塚で6年という長期トップスターだった柚希礼音さん(れおんちゃん)の退団後初出演作品として話題。
私的にはラミンとれおんちゃんの共演とは!というので話題。ラミンとれおんちゃん同世代かな?。

■私は宝塚はじめミュージカル好きだけど、ブロードウェイはあんまり……というタイプなので、巨匠の作品は知らないものも多かったです。
ある程度わかるのが『オペラ座の怪人』『ウエストサイドストーリー』くらい(;^ω^)。『キャバレー』『スウィーニー・トッド』『屋根の上のヴァイオリン弾き』はちらっと知ってる程度なので、5分の3くらい知らなかった。
まあ歌ウマで聴けるしいい曲も多かったし、本編見たくなったのもあります!。

 とはいえ、日本人お客の多くは、「え……オペラ座これだけ?!」と思ったんじゃないかと……
オペラ座、たぶん3曲。
しかも、あの有名なテーマ曲は確かファントム一人のショートバージョンで、あとクリスティーヌがしょんぼり墓場で歌う曲とファントムのまったりな曲。
ソロじゃないですか………………。

 ファントムとクリスティーヌが揃ってるのに……

「歌え!私のために!」なあのシーンもなく、ポイントオブノーリターンもなく……そもそもデュエらないっていう……
これじゃないんだよ感がすごいvv

オペラ座にもっと時間割いてもいいと思いますし、選曲もマイナーというか……
ラミンファントムは張り上げた声が魅力的なのにー!(もともとラミンファントムは地下にひそんでるタイプじゃないv)。
あとカルロッタやラウルぴったりな人もいたのに、カルロッタの歌も聴きたかったよ?。

ラミンファントムをナマで聴けたのはほんとうれしかったけど……3曲はしょんぼりだー。日本じゃマイナーな作品から4曲やったときは、オペラ座に回してくれよ!と思ってしまった……。上演する国に合わせて少し変えればいいのにね。

 クリスティーヌ役をやった子がキャストの中で若手女子のため、ヒロイン系の役を総なめにしてます。

スポンサーリンク




■ナレーション
市村正親さん。
ハロルドさん役として、人生を振り返るように語り進んでいきます。

8作連続クローズとなってしまった、とか谷間の時代も語ってます。
人気あるとどんどん延びて、ないとクローズ。厳しいね。
日本は再演はするけどのばす、はないような。箱が限られてるからかな?。青山劇場、日本青年館もない今、ほんとに劇場が足りない……
2.5次元ももうちょっといい劇場作ればいいのにね……音響よくするとだいぶ違うと思うんだよ。

■エビータ
作品知らないんですけど……マドンナとバンデラスで映画になってたよね。
なんか曲と歌詞が素敵で……どんなシーンなんだろう……
国民の支持を失ったひとの歌みたいな感じでしたが。
映画から見てみたいです。

■ギリシャっぽいの
いきなりギリシャ神殿風セットは無理なので、風景の描かれた巨大な布をばっと下げるんだけど、ひとつものすごい勢いで落ちてきてしばらくゆらんゆらんしてておもしろかった。

セットすごく工夫されてて良かったです。
世界観がぜんぜん違う作品を次々やるんだけど、フル稼働でセットもらしいものに転換しててすごい。

自分の名前も書けないけど、私愛らしいでしょみたいな女の子の話みたいでした。愛らしさしか学んでないの、ていう。

■くたばれ!ヤンキース
どんな話かはまったくわからないけどv
チームメイト達の歌がすごい好きなのと、その後突然現れる謎の肉食系女子れおんちゃんがおもしろいです。

 頭につけてる花が落ちちゃってましたが、さらりと踊りつつ拾ってはけてました。

 You never win!てれおんちゃんに言われたら勝てないよなぁ…としみじみする。どんなにセクシー衣装着ても、ほんとれおんちゃんはれおんちゃんらしかったです。

■蜘蛛女のキス
日本上演時だからなのか、れおんちゃんここだけ日本語歌。
この前月組のまさおさんもコンサートで歌ってた曲(と思う)。どんな話なんだろう。

■死刑囚のひとっぽいの
この人どうなるんだーーーーー!
助かるの?無実っぽいよ?
あらすじの説明があったらうれしいけど、字幕ばっか見ることになってしまうか。

■屋根の上のヴァイオリン弾き
見たいんですよねー
やらないかな。この歌好き!
俺が金持ちだったら……ていう妄想ソングなんだけど望みがちっちゃくてかわいいんだ!かわいいけど俗なんだ。
みんな俺に意見聞きにくる、とか、卵も鶏だけじゃなくてガチョウも持ってるぜ!、とか。

■スーパーマンぽいの
の舞台があったのかー。
スーパーマンの正体を知らない女が冴えないリーマンの彼(クラーク・ケントなのか?)を磨こうとする話?ラノベみたいな設定だなあ。

■歌います!てキャストが多いので、れおんちゃんとタップの男の人がメインでダンス担当。
れおんちゃん側転きれい。タップのひとはぐるんぐるんしてるのにピタッと止まって何事もないように歌い出したりしてすごい。

■通路だったので、客席下りあったらどうしよう……ラミン来たらどうしよう……と思ってたら一度もなかったv。

スポンサーリンク




■カテコ
みんないろんなポーズしてから挨拶。
ひとり巨乳女子が胸揺らしてたの笑う。健康的セクシーv。もうマンガみたいな巨乳だもんな……。

カテコ1回目
れおんちゃん遠くに投げキス(歓声)
ラミンさんシュタッみたいなポーズ(『伯爵令嬢』の翔くんがやった別れの挨拶みたいなやつ。というとヅカファンには伝わるしぐさ)

2回目 同じ

3回目れおんちゃんの投げキス。を真似る数人の男性キャストたち。
ラミンはスーパーマンの服をバッとはだけるポーズでした。

■ミュージカルというよりは、コンサート見たなあ……という感想です。寡聞にしてキャストさんもラミン以外知らなかったけど、ほんと身体が楽器!みたいなかたたちで、素晴らしかった!。

 こういう海外の方がくるやつはどうもオーブだなあ……と思ったら、字幕設備とか整ってるからかな?。チケットお高くなっちゃうけど海外ミュ御用達劇場。

DSC_0146.jpg


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村スポンサーリンク



posted by イナ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | そのた・舞台観劇レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする